FC2ブログ

本とチョコ

最近全然本を読んでなかったのですが久しぶりに読みました。
森博嗣さんの「レタス・フライ」と「τになるまで待って」
Gシリーズはトリックや犯人がはっきりしなくて曖昧な終わり方をしてるね、と
貸してくれた友達と話していて、このシリーズは最後までこんな感じのお話だとは思うのですが
Vシリーズが四季まで読んでへっくんが誰なのかわかってびっくり!だったことを考えると
「Φ」とか「θ」という記号もシリーズ途中では今のところ意味がないように見えていても
最後まで読んだらやっぱり意味があった、となりそうな気がしてきました。
でも森博嗣さんは登場人物の名前とか登場人物の関係とかに仕掛けがあって
まさかここで繋がってくるとは…という話自体がトリックというかサプライズなので
ここまで意味ありげな雰囲気を醸し出してあると最終的にやっぱり特に意味はなかった
というサプライズもありそうな気がしないでもないですが…どうなんだろう~。
Vシリーズの「V」とGシリーズの「G」が一体何なのかも、だいぶ長いこと気になってます。
友達は「Vは紅子(ヴェニコ)のVだと思う。」と真面目に言ってましたが
紅子さんは「べにこ」であって「ヴェニコ」ではないと思うので私は賛同してません。(笑)


今日は買い物に行って、バレンタインフェアがあっていたので行ってみたのですが
チョコレートも包装も、すごく可愛くて美味しそうで見てるだけで幸せになりました~。

抹茶ときなこのチョコ、入れ物は竹籠と和風な感じで気になったので買ってみました。↓
Image206.jpg


去年は包装の可愛さとチョコレートの可愛いさにやられて
弟と妹にあげる用に買ってしまったのですが、今年は妹が私にくれるらしいです。↓
Image207.jpg


中のチョコが桜の花びらの形だったりすごく可愛くて、
妹がこれ可愛い!と言っていたのであげる用に買ってみました。↓
Image209.jpg


関連記事

Comment

Post comment

Secret