FC2ブログ

"STYLE"06 福岡公演 9/2 1部感想その2

それぞれの曲の感想を書いているのですが、ちっとも終わりません;
とりあえず今回は、続きを読む以降にLTまでの感想を書いてみました。
この曲の時はみんな振り付けをどうしてるんだろ?という疑問なども書いてますので、
もしよければ「自分はこうしてるよー」とか教えていただけたら嬉しいです☆




その前に、会場について、感じたことをちょこっと書いてみます。

◎個人的に感じたライブハウスの良いところ
Zepp Fukuokaはライブハウスなので、当然ですがステージも狭かったです。
ホールのように奥行きのあるステージじゃないので、踊る本人たちはちょっと窮屈だったかもですが
比較的ステージ手前で踊る感じになっていて踊る翼くんが近くで見れて、
迫力もかっこよさも半端なかったです~。
そして、会場の狭さからか、一体感と盛り上がったときの勢いはすごかったです。
密着していて身動きできない&人と人の間から翼くんを見るため変な体勢になったりして大変ですが、
周りの盛り上がりが直に伝わってすごい熱気に変わるのはライブハウスならではだなぁと思いました。
翼くんが楽しそうに見えた理由のひとつがライブハウスという空間に
起因するのであれば、ライブハウス万歳!です。
(勿論ホールでも楽しそうですが、いつにも増して自由だった気がします。笑)
あと、中央に花道が作ってあって、一緒にクラップする曲やMCなどで
ちょこちょこ翼くんが出てきてくれてました。
札幌・仙台も多分同じ形式と思われますので、近くで見れて大興奮&幸せになれること請け合いですよー☆


◎個人的に感じたホールの方が良いかも?なところ
なぜかAブロックには椅子があったので、1部ではスペースが確保できて
視界が良くて思い切り踊れて助かったのですが、
2部はCブロックで通常のオールスタンディングだったので
ぎゅうぎゅうなのと後ろの人の視界を遮ってしまわないか気になって
思い切り腕を上げれないのがちょっと残念だったりしました。
って、ライブハウスなんだからそこを気にしてたらダメかもですが;
曲さえ聴こえて盛り上がればいいやーなライブと違って、翼くんが見たい!とどうしても思ってしまうので、
視界が遮られて翼くんが見えない…というのは一度しか行けない人がいらしたら
すごく残念だろうなーと思ってしまったり。
そういう点では、ホールであればどの席でも視界とスペースが確保されるので
ホールに利点があるのかも、と思いました。

でも、そういえば今回ホールでは多分あまりやってなかった気がする
ステージ上で踊ってる姿をリアルタイム(?)でスクリーンに映すのを
ホールより多めにやってあった気がしてなんでだろ?と不思議だったのですが、
オールスタンディングで視界が遮られる位置にいる人にも見えるように
してあるのかな?とあとから思いました。
もしそうだったとしたら、そこまで気を配ってくれて嬉しいなーと思いますが
実際のところは違うかもしれないし、わからないですけども;

というわけで、ホールもライブハウスもそれぞれ利点があってどちらも良いと思いました。
福岡をライブハウス形式にしてくれたおかげでライブハウスバージョンも体感できたので
決めてくれた人に心から感謝してます~。




MCは基本的にその時その会場限定のことだからいいかな?と思って
すっかり表に出しちゃってますが
続きを読む以降では曲順やら曲の印象などコンサートの内容について思い切りネタバレしておりますので
大丈夫な方のみ、続きを読むをクリックしてやってください~。







●Never Ever
翼くんが出てきた瞬間、「近!」と思いました。ライブハウス万歳ですー。(感涙)

一緒に腕を振って、最初からすごくテンションが上がりますv
多分東京だったと思うのですが、翼くんが「Never Everの時に客席のペンライトが綺麗だった」
と言ってくれて嬉しくなりました。
ソロコンにおけるペンライトは、「クラップの邪魔になる」「照明の邪魔になる」
という理由で持たない派の方も結構いらっしゃるみたいなので、
割と持ちたい派の私は「迷惑かけてたらどうしよう…持たない方がいいかな;」
と思ったりしてたので、駄目じゃないんだーとなんだかほっとしたというか…。(笑;)
や、グッズ売り場にも置いてあるくらいなので、別に問題ないんでしょうけども;
客席が暗いときにはペンライトが綺麗だから持ちたいと思ったり
クラップ中心の時は邪魔だから置きたいと思ったりでせわしないので
「潔くペンライトは持たない」というスタンスも憧れますが、
持つ持たないは見る人の好きにしていいということで自分の中で決着です。(?)


●AXEL
曲に入る前のインストダンスからかっこよくてほんとに大変です。
飛び跳ねたくなるくらいテンションが上がります~。
そして、上着の前をあけてタンクトップが見えるのがやっぱりせくしーですv


●queen of R
この曲は一緒に踊るのが本当に楽しいです。
歌ってと言われてる部分…「迷わずに be mind」?を一緒に歌うと尚更楽しいんじゃないかなぁと思います。
「just wanna know 餌食♪」の部分の両手を前に出して左右に動かす動きとか、
自主的にやってる方も多いと思いますが、あれも一緒にやると楽しいです~。
あと、翼くんが前奏部分で左右真ん中2階を指差して足をきゅきゅって動かす所がすごく大好きです。
記憶力ないのであやふやですが、このときの表情もほんとかっこよくて
心中で悲鳴を上げつつ毎回じたばたしたくなってます。
福岡公演前に、この部分の素敵さを妹に伝えたくてやって見せようとしたのですが
全然できませんでした。我ながら可哀想なくらい鈍くさい動きに…。(がくり)
そんな難しい動きではないはずなんですが、やっぱりダンスのセンスの問題かなぁ;
シンプルな動きだからこそ、腰の動きとか足捌き(?)のキレの良さで
すごくかっこよく感じるんでしょうねー。
私なんぞに言われたくないと思いますが、唐突に「滝沢さん頑張れ…!」と思いました。(笑)
このあたりで着てたのか忘れましたが、Tガールズが最初の方で着てるピンクのミニ…ボレロ?あれなんだろ?
後ろ紐で結んであるっぽい感じのあれと黒の衣装が可愛いなぁと思いました。
ショッキングピンクと黒って組み合わせが可愛いですv


●濡れてRainy Day
花道の方に出て来てました~。
真ん中に結構いたので、その間後姿を見つめる状態になっていて、
すごく楽しそうな表情が見れる率が高い気がするこの曲で顔が見れないのはちょっと残念でしたが
後姿がまたかっこよくて、ほんとにスタイルがいいなーと思いました。
なんで後姿までこんなにかっこいいんだろう。不思議です。

前奏とかで翼くんが手拍子をするのに合わせて会場皆で手拍子する時に
翼くんは3回手拍子のあと4回目が腕を上げて1,2とリズムを取っていて
私は一緒にその動きをやっているのですが、周りの人たちは4回目も手拍子してるようなので
翼くんのあの動きは「皆一緒にやってね」の煽りであって一緒にやるべきものじゃないのかなぁ?
といつも迷いつつやってます。
リズムに合わせてやってるから振りの一環かなーと解釈してたのですが
この回は翼くんが4回目も手拍子をしてる所があってちょっとあせりました。(笑;)
うーん、実際のとこどうなんだろう…。


●Take your hands
この時だったかはっきり覚えてませんが、立った状態で歌っていて踊っていないのに
汗が流れて顎を伝ってポタポタ落ちていてびっくりしました。
ダンス曲はどれも汗が散ってる感じでしたがバラードでまで…すごいです。


●アンダルシアに憧れて
手拍子もままならない感じで見惚れておりますー。
大阪の時は確か照明が曲の全体的に赤っぽい感じだったため衣装の色がよくわからなかった気がするので、
東京から色がわかりやすくなったのは照明を変えた部分があるのかな?と
感じたのですが…私の勘違いかもしれません;
大阪の時はコンタクトの調子が悪かったようで、視界がぼやけ気味だったし。(言い訳)
東京・福岡で翼くんが階段を下りてくるときの照明が色の付いてない照明だったのは間違いないはず、です。


●Pride the END
リズムに合わせて手拍子するのが楽しいなぁと思っているので、
オペラグラス無しで手拍子を思い切りしながら翼くんもしっかり見える席というのは
この曲の時は個人的にほんとーにありがたいです。
足を組む姿と指ぱちんはやっぱりかっこいいですー!
Zeppではステージの都合上、椅子を蹴るのはないようで、Tガールズがすっと椅子をどけてました。


●かすみ雲
聴けば聴くほど好きになってくる曲というか
東京公演…19日?のときに唐突にこの曲すごくいい曲だなぁと感動した気がします。
受け手側のそのときの状態によっても捉え方が違ってくるのかな?


●Slave of love
ざっざっという足音に合わせて手拍子するのが楽しい&前奏でテンションが一気に上がります。
うちの妹も「Slave of love」はテンション上がった!とあとから言ってました~。
間奏で別にかっこいい振り付けというわけでもないけどなんかこの動き好き、という部分があるのですが
言葉でなんと表現していいかわかりません。
えーと…腕をわきわきするところ?(←絶対伝わらない)


●GO ON
2回指差しの振り付けのところがなんだか好きです。
なんでかわからないですが、すごくときめきます。(笑)
これも上手く言葉で表現できませんが、なんか好きだなぁと思う動きが多くて
今回のツアーのバージョンもやっぱり大好きです。


●Rainy Memories
大阪・東京では上手側が多くて赤いドレスのTガール側のことが多かったのですが
今回は下手側だったので翼くんが目の前で歌ってる…!という気を失いそうな状態でした。
こんな近距離で翼くんがじっと立って歌ってることってなかなか無さそう、
という貴重な体験ができましたー。すごいかっこよかった!(涙)
翼くんに夢中であんまりTガールを見れてませんが、歌詞に合わせて
かなり情熱的に激しく踊ってるので、目の端にしか映ってなくても
インパクトがあるというか存在感があるというか、忘れられません。(笑)


●loving tonight
この曲大好きです~。
ノリが良くてダンスも好きv
コンサート後も脳内でしょっちゅう流れてます。
記憶力が悪いので歌詞は「ゆーらゆら♪」しか定かじゃないですけど…;
DVD化、CD化してくれるといいなぁ。





ほっさまー以降の感想はまた後日書いてみますです。


関連記事

テーマ: 今井翼 - ジャンル: アイドル・芸能

Comment

Post comment

Secret