FC2ブログ

UTADA UNITED 2006(マリンメッセ福岡 7/16)

ジャニーズのコンサートではないですが;
宇多田ヒカルのコンサート(マリンメッセ福岡 7/16)に
行ってきたので感想を書いてみます。

映像の綺麗さや歌の上手さとか、見せるステージだったように思います。
ステージ後方の壁面が、全面スクリーンになっていて、
さらに旦那さんが映像を手がけていたようで、コンサート用とは思えないくらい
凝った映像と歌の融合が綺麗ですごかったというか…。
特にSAKURAドロップスは圧巻でした~。
あれには感動してしまいました。
ほんとにすごく綺麗でした。
ただ、コンサートの中で何度か光と色がすごいことになっていて、
思わず目を閉じてしまったところも何箇所かありましたが…;
小さい子が見たら、ポケモンのチカチカで具合悪くなった子みたいな
症状になる子が出てくるんじゃなかろうかーといらん心配をしてしまいました。

因みに、喉の調子があまりよくなかったようで、高音が出てない所もあったのですが、
かなり調子悪そうなのに歌えてる彼女の歌唱力はやっぱりすごかったです。
伴奏なしとかバイオリンだけ、とかでめっちゃ歌っててびっくりです。
万全の状態でもアカペラで歌うってすごいのに…。
気力で歌ってるようなとこもあったように感じましたが、
あの状態であれだけ歌えるんだから、万全の状態なら圧倒的な歌声なんだろうなぁ。
できることなら万全の状態の宇多田ヒカルの歌を聴いてみたいです~。
また福岡に来てくれるといいな。


会場の雰囲気は、意外にも全体的にぎこちなさがあったというか、
慣れていない人がほとんどだったようです。
ジャニーズほど複雑ではなくても、大体コンサートではお決まりの
何かちょっとした振り付けというものがあるような気がするのですが
最初から最後まで手拍子だけで乗り切ってました、福岡のお客さん。
こんなコンサート初めてでした。(笑)

ジャニーズのコンサートは、振り付けのある歌のときは
結構複雑でも会場の過半数が一緒にやってますし、
ゆずコンサートも、最初から見渡す限りのお客さんがノリノリで
振り付けがばっちりで皆こ慣れてるのに驚きましたが、
宇多田ヒカルコンサートの、見渡す限り
慣れてるっぽい人が見当たらないというのもちょっと驚きました。
ツアー6年ぶり?とかみたいだったので、毎年参加して慣れてる人とか全国回ってる人とかあんまりいなかったのかもしれませんけども。
初めて行ったコンサートでは、とりあえず慣れてるっぽい人の動きを
見よう見まねで一緒にやって「うわー間違えた恥ずかしい…
でもまーいっか」という感じで楽しむのですが、
誰の真似をしようにもそれらしき動きをしてる人がいなくて戸惑いました~。
でも、会場の皆が楽しんでいないかというとそうではなくて、
歌が終わると歓声があがっていましたし、後半は手拍子なりに、
みんな一生懸命しているように感じましたし、
単に慣れてない集団だったんだろうなぁと思うのですが。
喉がつらそうで痛々しい宇多田ヒカルと、慣れてない感じの観客という
あまりいい条件ではないコンサートだったかと思いますが、
「全力を出し切る!」と宣言して驚くほどの歌唱力で歌いきる宇多田ヒカルと
そんな彼女を応援するように精一杯手拍子して一緒に盛り上がる観客が
皆一生懸命で素敵なコンサートだったと思います。



えーと、MCで話していたこと(うろ覚えですが;)
テレビではよく喋る人なのかなーという印象があったのですが
「グダグダMCは聞かなくていいから歌を聴いて!」と言っていて、
あんまり話していなかったので意外に感じました。
アンコールで「博多祝い歌(?)」という歌をアカペラで歌って、
一日目は失敗したらしいのですが、二日目は全部歌いきって、
おじいちゃんおばあちゃんが民謡を歌う歌手だったから
おじいちゃんが亡くなる前に習っておけばよかった…という後悔の気持ちとか
今回民謡を歌うことができて幸せに思う、という感じの話をしてくれてました。

MCとパンフを見て、宇多田ヒカルってこんな人だったんだなぁ…
と今まで思っていたのと全然違う面を発見したのも面白かったです。



入り口で何か配られてると思ったら、ツアーの日程が入った紙でした。↓
他の会場は薄い文字で、その日の会場名だけ文字がはっきりしてます。
自分が行った公演の記念になりますね。面白いな~。

V6010166.jpg





関連記事

テーマ: 女性アーティスト - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret