FC2ブログ

エリザベート 博多座 7/7、7/8昼、7/16夜公演について

先月のことですが、エリザベートを観劇して
感想を書きかけてたのであげてみます~。


7/7はマテ様トート、春野さんエリザベート、石川禅さんフランツの日でした。
以下箇条書き感想です。

マテ様について
・日本語覚えるの大変だったろうけどちゃんと覚えててすごいなあ。
片言な感じがちょっと可愛いです。(笑)

・シシィと初対面で一目惚れする時顔近すぎ、それ以降も何かと
距離感がすごい近くてこの距離変だよね?と思いながら見てました。(笑)

・最後のダンスがめちゃくちゃかっこいいです。
ロックな感じ。歌いかたの語尾とか特徴的。

・青年ルドルフに友達が来たよと出て来るシーンは滑り降りる派で嬉しい。
今回唯一ぽいですね。


春野さんエリザについて
・顔立ちが凛々しい方なので見る前から勝手にすごいかっこいいシシィを想像してたら
声が可愛くてかわいらしいシシィだったので今日寿美礼さんじゃなかったっけ?と
何度も自問自答しました。(笑)
声が可愛い人好きなのできゅんきゅんしました~。

・高い音まで綺麗に出ててすごい歌上手いなぁ。

・「私だけに」は素晴らしかったです。

・フランツは自分の味方じゃない、と思ったあとは
常に心の距離があるというか心を閉ざしてしまって
フランツの言葉が届いてない感じがせつないです。

・フランツよりトートの方に心が傾いてるエリザだったような…。

・そんなこんなでエリザベートの孤独が痛いくらいで
フランツがすごい可哀想に見えて仕方なかったです。


石川禅さんフランツについて
・禅さんフランツは相変わらずかっこよかったです~。


7/8は石丸さんトート、瀬名さんエリザベート、岡田さんフランツの日でした。

石丸さんトートについて
・全体的に変態ぽくて気持ち悪かったです。(笑)
ドクトルのとこでがばっと飛んで来る時に瀬名さんから悲鳴上げられてたし。(笑)

・瀬名さんエリザと岡田さんフランツがラブラブだったから
ひたすら邪魔☆とか友達と言っててごめんなさい;(笑)


瀬名さんエリザベート&岡田さんフランツ(この2人はセット!)
・瀬名さんエリザベートはフランツのこと好きでいてくれて可愛いし嬉しかったです。
喜びや弱さ、痛みをフランツと分け合うことができる人間らしいエリザベートだと思いました。

・最後のダンスのあと、フランツにぎゅってしたあと
もっかいぎゅってくっついてたのが可愛かった~!

・最後通告の手紙を渡すところはフランツの呼び掛けに応えたいような
揺れる気持ちが感じられたり、その気持ちを振り切って手紙を渡して
フランツが去ったあと悲しそうに切なそうにうなだれて扉に寄りかかってる姿が、
フランツのこと好きだよね?!と感じて切なくもエリザベートが愛しかったです。
そこからの石丸トートの鬱陶しさ半端なかったです。(笑)

・一幕最後の階段でもフランツに対してお気持ち嬉しく伺いました~のところで
陛下とともに歩んで行きますも温かみあったし瀬名さんエリザベートほんと好きでした。

・二幕最初の馬車乗ってるとこも顔見合わせて笑顔だったり
2人でにこにこしてるところが多くて可愛いです。

・特にきゅんと来たのはルドルフが死んでエリザベートが自分を責めてうちひしがれて
ふらふらと棺に向かって歩いているときにフランツかぎゅっと抱き締めるところ!!
岡田フランツ好きすぎるー!

・2人の好きのベクトルが向き合ってる分、すれ違いが切なくて
2人とも可哀想で夜のボートがほんと泣けます。

・そこからの悪夢、岡田さんフランツはエリザベートに全てを与えたことよりも
エリザベートを救わなければ!という気持ちが前面に出ていてぼろぼろになっても
必死にエリザベートを思う姿が愛を感じてこの辺本気で号泣しました。

・もう2人で幸せになったらいいと思う。
←あとから読み返して我ながらどうなのこれと思う感想ですが;
でも正直な気持ち☆


その他(7/16)
・寿美礼さんエリザベートがイケメンに進化してるという友達の言葉に納得な感じでした。
それによりフランツへの態度があっさり→冷淡な勢いで
エリザベート大好き超愛してるな岡田フランツの報われなさがつらすぎて
かなりへこんで心が折れるレベルでした;

・加藤清四郎くんのちびルドはさすが天才子役、
歌も演技も上手いし堂々としてました。

春野さんエリザでラストは岡田さんフランツが不憫すぎてつらかったので
もう一度瀬名さんエリザ&岡田さんフランツの組み合わせで見たかったです~;

エリザベートはほんとに何度見ても面白いです。
また博多座に来てくれますように~。


キャスト表7/7↓



7/8昼↓



7/16夜↓




昨日と一昨日拍手ボタンを押して下さったみなさま、ありがとうございましたv

関連記事

テーマ: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術