FC2ブログ

雑誌の感想色々とぐるナイのこと

ARENA37℃は写真も記事もたくさんでインタビューの内容も面白かったです。

滝沢さんの監督や演出家についての考えがなるほどな感じで
演出だけに徹底して挑戦してみたいというのもちょっと納得でした。
タキツバについては「翼が2人でどんなことをやりたいと思ってるかを
ちゃんと把握して一緒にそれをいいモノにしたいと思ってる」
という所がよかったですねー。なんか響きました☆

翼くんも滝沢さんについて色々話してて、好きなことも違うし
興味のあるとこも違う二人が一つのものを作るのって
難しい部分もありそうですがそれも楽しむことができる余裕とか
適応力とか幅が今のタキツバにはあるんだなーと思いました。
あと、滝沢さんの好きなところの話もしてますが、パートナーとして
対等の立場で且お互い尊重してる感じがすごくいい関係性だなぁと思ったり。

二人でのインタビューは「愛はタカラモノ」について色々話してましたが
初めて聴いたときからメロディーのノリの良さと耳に馴染む感じで
聴いていて心地いい感じだったので二人の最初の印象が
若い感じで正直不安があったというのはちょっとびっくりでした。
でもそういえば名古屋公演でコンサート前に流れてたのを聴いた時は
聴いたことないから新曲?えらい爽やかな曲だなぁと思ってました。(笑)
歌ってみたら心配してたほど違和感なかったとのことでしたが、
二人が歌って踊ってるのを見て一緒に踊ってたらすぐ馴染んだというか
発売前ですがふと口ずさんでたりするくらいもう馴染んでます~。
虹のセットとかアナログで可愛い感じに仕上がってるっぽいPVも
横アリでちょこっと見れましたがCDが出てゆっくり見るのが楽しみですv
「ありがとう」は最初に滝沢さんが歌詞を書いてその後翼くんが重ねてて
誰か他の作家さんがまとめたりするために入ることもなく
ほんとに二人だけで作ったタキツバ純度100%なんですね~。(笑)
滝沢さん的に1番は翼くんに対して、2番はファンに向けての気持ちで書いた
とのことだったので気になって改めて歌詞カードを見てみましたが、
そう言われて読んでみると納得な部分もありました~。
素直に伝えるのは照れくさいんだなぁとか。(笑)
インタビューの中でも翼くんへのありがとうを言わされそうになって
滝沢さん照れまくっててちょっと面白かったです。
なんかもう、これからも末永く幸せでありますように、とか思います。(笑)


月刊Songsは「愛はタカラモノ」がラフの段階では爽やかすぎたのを
アレンジやコーラスをつけることで無理のないテンションて歌えるように
していったということで、だから馴染みやすかったのかなーと思いました。

コンサートの話はソロ曲を交換して歌い合う企画について
2人組だと大人数のグループよりも見せ方が限られるというのは
確かにそうだなーと思いましたし、今回見せ方のバリエーションが増えた
というのもほんとすごい新鮮だったので収穫あったんだなぁと思いました。
違う人が歌うとメロディーの捉え方が違うから面白い、といえば
滝沢さんが歌うBACKBORNは翼くんとリズムが違うところが
毎回だったので滝沢さんの歌い方だとこうなるんだなーと思いつつ
翼くんのBACKBORNに慣れてる分違いが気になってたのですが…
どこだったっかなぁ;


下の記事はぐるナイの途中で投稿してたので最後まで見てみた感想も
一応隠して書いてみます~。↓






翼くんがバナナマンの日村の髪型をいじってみたり
バラエティ的に結構いい感じだったんじゃないかなぁとか
ちょっとファンの欲目もあるかもですが思いました~。

終わってみると滝沢さんは美味しいもの食べれなくて罰ゲーム受けて
「愛はタカラモノ」の宣伝もおまけでちょこっとな感じだったので
なんかいいとこなしで可哀相なような…とか思ってしまったりでしたが;(笑)
でも罰ゲームきつそうだったけどテレビ的にはおいしかったはず、とか
バラエティー番組を見てタキツバのかっこよさとか面白さとかを知って
興味持ったり好きになってくれる人がきっといると思いますし、
まず取っ掛かりが大事ですから、よかったはず!と思い直しました。(笑)


関連記事