FC2ブログ

PLAYZONE2010の

役としてのツバサについてちょっと考えてみました。

BESTSTAGEで自分が演じている役について、「責任感と同時に生まれる
孤独感を背負った役なのかなということ」と翼くんが言ってましたが
まさにこの言葉通りだなぁという気がします。

Jr.の子たちは基本グループごとに固まってるし、他のグループとの
掛け合いも気安い感じで、屋良くんも話しやすいお兄ちゃんキャラで
Jr.の子たちと一緒にわいわいしてる感じで仲良さそうでしたが、
翼くんはJr.の子たちと一緒になってわいわいすることなく
落ち着いた感じで一線を引いて接してるというか。
ステージを成功させることを第一に考えて自分にも人にも厳しく、
最後に信じられるのは自分だけとかいう感じのことを言ってたあたりに
責任感と孤独感を感じましたが、何しろ舞台が全体的に展開も描写も
かなりざっくりしていたので、「まだ未知の部分が多い」というのが
なんだかわかるような気がしたりです。役を深めようにも
ストーリー自体の土台がしっかりしてないから掴みづらそうだなぁ…。


ということで、「芝居的要素もある今回の舞台」の言葉の通り、
あくまでもプレゾンの歴史とダンスを見せる舞台であって
芝居的要素は舞台のエッセンス?みたいなものくらいの位置付けで
やっぱり気にしない方がいいのかな~という結論で落ち着きました。

翼くんのダンスとあと笑顔が見れたら十分なのでいいですけど。(笑)


昨日拍手ボタンを押して下さったみなさま、ありがとうございましたv


関連記事