FC2ブログ

ガブリエル・シャネル観劇してきました

最近連日夜中まで残業していて全然ブログを更新できてないのですが;
再演を観劇して初演との違いが面白かったり色々よくなってるなぁと
思ったりしたので、個人的に感じたことやら感想を書いてみます。


以下、READ MOREに内容について感想を書いています。↓


…の前に、先日拍手ボタンを押して下さってたみなさま、
ありがとうございました~。それと多分この勢いだと月末まで
ほとんどブログを更新できなさそうですが一応生きてます;(笑)




初演の記憶が残ってたので、最初に翼くん今回は低い声じゃなくて
普通のトーンでアーサーやってるんだ?とびっくりしました。
もともと個人的に気障な人がどうにも苦手なのもあって
前回は観てるうちにだんだん私アーサー苦手かも;ってなっちゃったので
声のトーンとか台詞の言い方とか前回より気障さがちょっと軽減されてる
ような感じがして、個人的には今回のアーサーの方が好きでした~。

シャネルモードでガブリエルに原価とか労働の対価とかの
話をしてる所が前より説得力ある気がしたり、あと一幕最後のシーンも
違和感が減って前より納得できる気がしたりでした。
なんというか…初演の時は低い声で大人の包容力を前面に出してて
仕事をさせてあげればいいとか言ってるのは大人の余裕かなーとか
超フェミニストだからチャーミングとか怒った横顔が綺麗とか
気障な台詞がすらすら出てくるのかなーという感じで表面的には
ずっとかっこよくて完璧な紳士だったから、一幕最後のシーンは
突然逆ギレしたように見えて理不尽さが先に立ってたのですが;
ガブリエルを愛してるとは言ってるけど、他の誰も代わりにならなくて
ガブリエルじゃないといけない理由とか自分にとって
どれだけ大切な存在でどうして大切なのかとかについての
台詞はないのでなんか自分のことばっかりやなぁみたいな感じで;

でも今回気障さが軽減されたことでアーサーの発言を
もうちょっと深読みして内面を考えてみたのですが、
私生児だったことで口さがない人たちから蔑むようなことを言われてきて
屈辱とか怒りとか社会に対して見返してやるという気持ちとかを
心のどこかにずっと持っていたのだろうと思われるので、
エチエンヌみたいな気のいい友人や多分恋人とかもできて
仲良く楽しくすることができるようになって相手がどれだけいい人でも
心の底の暗闇は誰も理解できないし本当の自分を見せることはできないと
たくさんの人に囲まれて楽しくしていても心の中に冷たい部分があって
孤独に苛まれることがあったのかなぁとか思ったりでした。

ストーリー上、最初の方は紳士的で大人の包容力があるところしか
見えないアーサーですが、仕事をさせてあげればいいというのは
ただガブリエルを援護してあげてるだけじゃなくてガブリエルが
自分のやりたいことをはっきり意思を持って発言して
反対されても諦めずに社会に反抗していたところに共感したり、
シャネルモードのシーンもただ怒ってる横顔が綺麗とか
表面的なところに惹かれたわけじゃなくて自分の中の怒りや
社会を見返してやりたいという気持ちと共通するところを感じたり、
怒りを内に秘める自分と比べて素直に怒りをあらわにするガブリエルに
愛しさを感じたり、この人には本当の自分を見せて理解して理解されて
本当に愛し合いたいと思うようになって一幕最後のシーンに
繋がったのかなぁとか解釈して自分の中で補完しました☆


他にも舞台全体的に変わってる所色々でしたが、特に書きたいことは…
戸井さんのエドワールがかなりよかったです~。
葛山さんエドワールはすごくいい人そうでガブリエルに
振り回されっぱなしな感じでしたが、戸井さんエドワールは
食えないやつというかガブリエルの気の強さに負けない
あくの強さというか葛山さんとはまた違った魅力で
舞台を回す役に合ってるなぁと思いました。
特に一番最初のスイスの避暑地?の嵐のシーンの暗転前にガブリエルと
顔を見合わせて二人で笑ってるのが共犯者っぽくて好きでした~。

あとエチエンヌは乗馬服を仕立てたガブリエルに育ちが出るなぁとか
言うシーンが初演の時は感じ悪かったですが、今回は同じ台詞でも
ちょっと優しく窘めるような感じになっていて素敵でした~。
その流れで?シャネルモードでアルゼンチンに行くエチエンヌに
あなたにこの店を見て欲しかったのに、とかガブリエルが言うあたりは
結構ラブラブに見えました。そして一幕最後はやっぱり
エチエンヌってばほんといいやつだよね…可愛いお嫁さんがきて
幸せになれますように!と思ってしまいます。(笑)
あ、「俺のもの」が「俺の女」に「お前のもの」が「お前の情婦」に
確か台詞が変わっていてエチエンヌがガブリエルを
「もの」呼ばわりしなくなってたのもよかったなぁと思いました。

あとは…確か21日夜公演で栗毛26号、22日昼公演で栗毛27号だったので
公演数が号数なのかなーと思いましたが、翼くんが「君の自慢の
栗毛何号だかを見せてくれ」って言っててそこは先にネタばれしたら
面白くなくなるから言っちゃダメなんじゃー?;とあわあわなりました。(笑)


ちょこちょこ変更があったり進化しつつ、完成度が上がっていて
いい感じでした。あと一週間くらいですが、最後まで
毎日素敵な舞台を頑張って下さい~と応援しときたいと思います☆

関連記事

テーマ: 今井翼 - ジャンル: アイドル・芸能