FC2ブログ

283 vol.385と7月2日、9日のto baseの感想

283 vol.385は7月10日に更新されてたんですねー。
昨日J-webの更新お知らせメールを見てびっくりしました。
連日舞台ですしなかなか283まで気が回らなそうな中
更新してくれて嬉しいですねv

毎日緊張感と自信のバランスをとりながら頑張ってるとのことで
気を張りすぎず緩めすぎず良いペースを保ってるみたいで何よりです~。
雪駄にはまってるという情報は、今翼くんが雪駄というと
ついアーサーの洋装の衣装に雪駄履いてるイメージが浮かんで
そんなちぐはぐな格好するはずないですし、大人な感じのアーサーの
キャラからかけ離れてて尚更ありえない分なんだか面白かったです。(笑)


7月2日のto baseの感想はガブリエル・シャネルの話をしていて
休演日は1日だけ、と言ってたので大変やなぁと思いました。
先週観劇した後になんとなくいつがお休みなのかな~と思ったら
7月14日だったのでお昼公演だけの日が結構あるとはいえ連日だなぁ…
と思ってたのですが、全体でその日だけだったんですね;

同じ1日1公演でも夜公演なら少しゆっくり寝れたりして
午前半休みたいな感じでなんとなく気持ち楽そうな気がするんですが、
昼公演なら1公演だけで早く終わるとは言え起きる時間一緒だろうし
なんとなくあんまりお休みな気分にならなそうな気がします。
「12時公演、早いよね」って言ってたし。(笑)
早寝早起きの規則正しい生活をしてすごくいいのかもですが、
二度寝してちょこっとだけでもごろごろだらだら~ができる幸せは
何物にも代えがたい至福の時間なので結構つらいような…。
そんな風に思うのはのんびりする時間が大好きな
なまけものな私だけかもですけど;

それはいいとして、明日まで頑張れば翼くんたちも1日お休みですね。
公演期間中1日だけの貴重なお休みみたいなので
みなさん良い休暇が過ごせますように☆


この回はベイスターズの歌を流してましたが、そういえば今日
愛子さまが皇太子ご一家でヤクルト-横浜戦を観戦されてましたね~。
少し前に「WBCをテレビで見てから野球に強い関心を持つようになられて
今度プロ野球の試合を球場で観戦される」とかいう記事を見たときに、
ヤクルト-横浜戦と書いてあったので敢えてそのカード?
巨人戦とかじゃないんだー?という感じで横浜だしちょっと気になってたのですが。
今日またヤフーニュースになってたので読んでみたら
「解説役として同席した若松勉・元ヤクルト監督が
愛子さまが特に応援されている選手として、
WBCで活躍した横浜の内川聖一選手の名前を挙げた。」
と書いてあったので、愛子さまは横浜贔屓かもですねー。
このまま野球ファンになってもらうには今が大事なような…
ベイスターズ、ほんっとに頑張らないと☆


あと、ハワイ&翼という新コーナーができてましたが
有益な情報が得られて翼くんが楽しめるコーナーになりそうですね~。
翼くんのテンションがかなり上がりそうな気がするので
詳しい方からたくさんお便り届きますように☆


7月9日のto baseの感想は最初の方で何を言ってるのか
よく聞き取れなかった所があったのですが
「すっかりね、サマータイム、夜長い」って言ってたのかな?
なんで片言風なんだろ?と思いました。(笑)

あと、皆既日食が見れるのは屋久島とか奄美大島とかみたいですが
部分日食は見れるみたいなので昼休みに見ようという話を職場でしていて
私も感光したレントゲンフィルム?を分けてもらいました。
そこまで熱心ではないので忘れそうですが職場の人みんなで話したので
多分誰か覚えてるはず~と思ってちょっと楽しみにしてます。


アーサー・カペルの話から、戦時中であったり階級・血筋とか生い立ちの
コンプレックスがあってぽろっと出してしまう弱さが上手いというか…とか
そんな話をしてましたが、あのシーンはひっかかってたので
観劇後に色々考えてみた結果、完璧に見えるアーサーも人間だから
弱さとか甘えとかあるという人間らしさが見えるところなのかなーというのと
わかってないことはないだろうから上手くやったって感じがするけど…
と思ってたので納得でした。
そのことについて書いてたら長くなったので隠してみました。↓


…の前に、マクパペットのいまいさんをアーサー・カペル風にしてみました。

こちらは今までのD&Rロックコーナー風いまいさんです。




昨日と一昨日拍手ボタンを押して下さったみなさま、ありがとうございましたv


あのシーン談議は以下です~。↓


一幕最後の感情の吐露はアーサーの性格上、
人前で全く弱さを見せなそうなのでガブリエルにとっては
初めて見るアーサーの弱さで他の誰でもなく自分だけ、という感じで
アーサーを心底愛してるガブリエルがそんな姿を見てほっとけるわけないでしょうし
アーサーはそれがわかってるだろうから上手くやったなぁって感覚がしました。
多分アーサーにとって小さい頃からずっと苦しんできたことで
結婚で血筋を手に入れることは自分の人生と切り離せない、夢を通り越して
妄執のようになっていそうですし、ガブリエルを愛していて
自分を愛して欲しい気持ちもきっとどちらもアーサーにとって
絶対的に必要だったんだろうなぁという風に解釈してみました。

でも、愛してると言っても結局愛人になれってことですし
「わかるだろ?」とか「助けてくれ」とか言うのはかなり自分勝手だし、
ガブリエルや奥さんにも心があって立場があるんだから
本当に相手のことを思うのならどちらかを諦めるしかないと思いますけども…。
葛山さんがガブリエルとアーサーは精神的な双子のようだったとか
言ってたかと思いますが、わかりあえる相手だからこそどちらも絶対必要である
自分の気持ちをわかってくれるガブリエルに甘えたんだろうなぁと思ったり。
ガブリエルにとっては愛するアーサーの弱さも甘えられることも
愛しいものだったかもしれませんが、世間的には一生日陰者で
不実な関係であることを考えると代償が重すぎるので
ガブリエルは心が広いなぁと思わずにはいられませんでしたが;
シンプルなものが好きな話をしてる時にモラルも引き合いに出してたので
どーいうことなんだかアーサーに聞きたいような、でした。(笑)


関連記事

テーマ: 今井翼 - ジャンル: アイドル・芸能